春日井市、多治見市、小牧市、名古屋市守山区のペットシッターのご相談は春日井市のペットシッターつばめへ

マイクロチップについて正しく知ろう!

ペットに装着させるマイクロチップ、名前は聞いたことあるしなんとなく分かるけども詳しくは知らない・・・という方は多いのではないでしょうか?メリットは?体に負担はないのか?義務なのか?費用はいくらなのか?などなど詳しく説明していきます。

 

マイクロチップとは

 マイクロチップとは、動物の安全な個体識別の方法として世界中で広く使われています。一度体内に埋め込むと脱落することはほとんどなくデータが書き換えられることもないため確実な証明になります。直径2mm、長さ8〜12mmの電子器具で、外側は生体適合ガラスで覆われています。

 

 それぞれのチップには15桁の登録番号が記録されており、それをリーダーで読み取ることができます。リーダー側で読み取るのでマイクロチップには電池など入っておらず、半永久的に使用できます。

 

 マイクロチップをつけると、災害や迷子や盗難にあった際に飼い主の元へ戻りやすい、裁判でペットの特定が求められた際に確実な証拠になる、ペットと海外旅行へ行く際に手続きが簡略化されるなどのメリットがあります。

 

マイクロチップの装着の方法と費用

 マイクロチップを装着する場所は犬や猫の場合は、背中側の首の付け根が一般的です。チップ注入器(少し太めの注射針ぐらいの大きさ)を使って埋め込みます。痛みは通常の注射と同じぐらいで数秒で終わるため、麻酔や痛み止めは使いません。

 

 マイクロチップの装着による動物への負担はほとんどないといっていいと思います。現に日本国内で、マイクロチップの副作用、ショック症状、故障、破損等についての報告は、今までに1件もありません。

 

 体内での移動は、それぞれのマイクロチップメーカーが移動防止措置を講じていますが、まれに起こることがあります。しかし、皮下での移動のため筋肉組織に入っていくものではなく、読み取れる範囲での移動です。また、レントゲン撮影(マイクロチップが写りますが)やCTスキャン操作も支障なく行えます。

 

 費用は装着〜情報の登録も合わせて数千円で、マイクロチップの埋込みは、獣医療行為にあたるため、必ず獣医師が行います。詳しくは、お近くの動物病院にご相談ください。

 

マイクロチップ装着は義務なのか?

 この記事を書いている令和元年時点では、犬や猫へのマイクロチップ装着は義務ではないです。しかし、数年以内に義務化されます。なぜなら令和元年6月12日参院本会議で可決・成立した改正動物愛護法でマイクロチップ装着の義務化が決定したからです。遅くとも令和3年(2022年)までに施行されます。

 

 今飼っているペットの装着に関しては努力義務とのことなので飼い主様の判断に任せられるのですが、新しく飼われるペットに関しては装着しないと飼ってはいけないということになります。

 

 余談ですが、ペットを捨てるという行為は犯罪です。動物愛護法44条3項で罰則が明文化されています。

動物愛護法44条3項
愛護動物を遺棄した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

マイクロチップ装着が実現化すると、ペットを捨てた犯人を特定することができ厳正な処罰ができるようになるので捨て犬、捨て猫は大幅に減ると思います。3年後といわずにすぐにでも施行してほしいですね。


page top